生麩について

生麩

生麩(なまふ)は、
鎌倉時代末期に精進料理の
一食材として用いられたと伝えられており、
肉食を禁じられていた禅僧にとっては、
貴重なタンパク源として食されておりました。

生麩料理は、
低カロリーで消化吸収の良い健康食品でもあります。

主原材料は
「小麦グルテン(小麦粉と水を混ぜ合わせ、
でん粉を分離させ残ったタンパク)」と
「もち粉」となっております。

作り方はシンプルですが、
そこに見えない職人の技が込められています。

生麩は低カロリーのタンパク質

栄養価が高く、ダイエットにも最適です。
「もちもち」とした食感に加え、「コシ」がありながらも
生麩は、低カロリーの植物性タンパク質。
「やわらかく」噛んでいくにつれその上品な旨味、
風味が最後まで口の中に残ります。
伝統の製造方法を守り、ひとつひとつ丹精を込めて手作りした生麩を是非、ご家庭で。京都の生麩料理をご堪能ください。

生麩のスイーツ

生麩を使った和菓子は、京都名物。
有名なのは、笹で包まれた生麩饅頭でしょう。
笹の香りに包まれた瑞々しい食感。
通常の餅とは違う、滑らかで洗練された味わい。
この美味しさは、水の美味しい京都ならではのもの。
モチモチしているのにツルリと爽やか。
身体が浄化されるような美味しさがあります。
意外な食べ方として、デザートレシピもあります。
きな粉や黒蜜などをかけたり、冷やしてぜんざいやあんみつ、
パフェやアイスクリームに添えても大変美味しくいただけます。
生麩は低カロリーなので、女の子には嬉しい食材です。